ローヤルゼリーで女性の更年期に効果が

「死ぬほど苦しんだ更年期症から救われました」と、秋田県の主婦からの手記はまさにドラマティックというしかありません。「忘れもしない昭和四九年八月のことです。急に手足の脱力感とともに腰から下が抜けていくような、だるさにおそわれました。

そのときが、私の最後の生理でした。二本の足が邪魔で切ってしまいたいほどの不快感で、どうにも仕方がない状態でした。(本人でなくてはわからない体験で、私の表現でおわかりいただけるかどうか) ― 風に当たると寒く、自分ではハシももてず、付き添いの方にごはんを食べさせてもらうほどの強い更年期障害でした。

どうせもとの体にはなれないだろうという、半ばあきらめ半ばやけっぱちのつらい毎日でした。弟におんぶしてもらって婦人科病院に一週間入院し、退院後は四〇日間寝たり起きたりの生活。

毎夜、眠れぬままに明日は神経科へ行こうか、いやいや神仏にすがって信仰生活に入ろうかなど心は乱れるばかりでした。『更年期にローヤルゼリーが一番効きめがある』と、本に書いてあるのを読んだのはそんなときでした。わらをもつかむ心地で、名古屋の妹に電話をし、養蜂研究所まで行ってもらいローヤルゼリーを入手することができました。

これで救われるのだという思いで、卆れを飲みつづけたのは、いうまでもありません。すると、三本目の瓶を飮んだころから頭のしびれが取れ、夜もぐっすり眠れるようになりました。

続いて、手足の脱力感が取れ、知らず知らずのうちに健康体になりました。四一キロしかなく、か細い体だったのに四九キロになり瘴れを知らなくなりました。旅行のときにも必ずもっていく、私にとっての霊薬と思っています」もう一ケース、紹介しましょう。

養蜂研究所に、四〇代前半と思われる女性が訪ねてきました。聞けば国立病院へ三年も通院して。いるが、今一つ体調がよくならないとのこと。血圧が高く、心臓が悪いので買物さえままならないと、はれぼったい顔で訴えるのでした。病院で、「ローヤルゼリーは効きめがあるといわれていますので飲んでみたいのですが」と医師に相談したところ、その医師は、「ローヤルゼリーは大変いいもので結構だと思うが、なにぶん高価なものだから、続けるのは経済的にむずかしいのではないでしょうか」と答えたということでした。生ローヤルゼリー効果がお分かり頂けたかと思います。

この女性は、「少し早いようですが、どうも私は更年期障害らしいです。あちらこちらと悪い部分がその日その日でつのり、来る日も来る日も不愉快なことばかりです。夫は私の体のことをいつさい心にかけてくれず、温かいことば一つかけようともせず、毎晩酔っぱらって寝てしまいます」そういって涙をポロポロ流されるではありませんか。そこで、原価で分けてあげました。

翌年の正月のある朝、「あけましておめでとうございます」一人の正装した女性が、にこやかな笑みをたたえて私のところへあいさつをしに来ました。はれた顔もすっかり引いて見違えるように晴れ晴れとしたその女性でした。

「ほんのわずかのあいだにこれほど効くとは思いませんでした。お正月を、ほんとに楽しく迎えることができました。ローヤルゼリー様々です」こういうのです。この人の場合、更年期症は六ヵ月後にほとんど全治、全快しました。更年期とは、女性の生理変化の時期に起こるもの。健康体なら問題はないが、少しでも欠陥がある女性は体調整備に何かの助けが欲しいところです。器械がガタガタになっては二進も三進もいかないのです。ローヤルゼリーは、ガタガタの器械にさす潤滑油の働きをするような気がするのです。

結婚相談所で出会う最高の男性

結婚を真剣に考えている男性

最後の一割が、最初から「本気で結婚を考えている男性」だ。
これは、さらにいくつかのタイプに分けられる。

全く女性から相手にされない男性は、とにかく結婚したいと思っている。結婚すれば、体の関係を持てるパートナーが保証されるからだ。

人生設計において「今すぐすべきことは結婚」と考えている男性

彼らは、「社会的な地位」もある程度確率し、仕事も安定している。就職してから少なくとも三年以上は経っていて、年齢は田舎なら三十代前半以降、都会なら三十代半ばから後半以降が多くなるだろう。

彼らが求めているものは、「結婚することで、社会的に一人前として認められること」「家族をつくり、次の人生のステップに進むこと」だ。今まで全く恋愛や結婚に興味がなかったのに親からのプレッシャーなどで、結婚を真剣に考えるようになる男性もいる。

独身に疲れて、そろそろ落ち着こうと考えている男性

独身に疲れてきた人たちも、同様に年齢は高めだ。恋愛遍歴は派手な人もいるが、「恋愛の楽しみ」はもういらないと思っていて、一人暮らしにも、独身の自由さにも飽きて、そろそろ落ち着きたいと思っている。

これらを読んで気づいた人もいるかもしれないが、「結婚を全く考えていない男性」が、時が経つうちに、「結婚は意識しているものの、今はまだ:::」と考えるようになったり、「結婚はまだしなくてもいい」と思っていた男性が時間とともに結婚を真剣に考えはじめたりすることはよくある。

もし、あなたが「結婚を全く考えていない男性」と付き合えば、かなり高い確率で婚期を逃すことになる。「結婚を意識しているが、今は結婚したくない男性」と付き合えば、高度な駆け引きや幸運が必要となる。

「結婚を真剣に考えている男性」を選べば、すんなりと結婚できるだろう。先にも述べたとおり、時々、結婚した女性が「なんで駆け引きするのかわからない、別に素直でいれば結婚できるのに」と言ったりするが、それは、「結婚を意識しているが、今は結婚したくない男性」と駆け引きがうまくいって結婚できたか、運よく「結婚を真剣に考えている男性」を選んで付き合ったからだと僕は思っている。

また、「結婚を真剣に考えている男性」には、「結婚を全く考えていない男性」や「今は結婚したくない男性」とは、駆け引きの方法を変える必要がある。今は結婚したくない男性が「好きになった人と結婚したい」と考えているのに対して、結婚を真剣に考えている男性は「結婚したい」がまず先にあり、「条件に合う人と結婚したい」と考えているからだ。

この「結婚したい」と真剣に考えている男性に対して、普通の恋愛指南書に従って、小悪魔のように男性を振り回す駆け引きをすると「彼女は居心地が悪く、結婚に向かない女性」と考え、あなたのもとを去っていったりするだろう。お見合いや、結婚相談所に登録した女性が、普通の恋愛の駆け引きをしてしまい、目的の男性を得られないということが時々起こるのは、こうした理由からだ。

結婚相談所 オーネット

レーシックを受けた感想

レーシックを受けて二年になります。もともとドライアイだったのでコンタクトを使っていた時は、仕事が深夜に及ぶと目が辛くなり、眼鏡にかえることもよくありました。

それでも疲れ目がひどくて、肩こりや頭痛がひどかったんです。またいつもバッグに眼鏡とコンタクトのケースの両方を入れていなければならなくて、わずらわしく思っていました。私の術後の経過は、術後直後の検査で一・二になってすごく喜んだのですが、一カ月検診のときにレーシックが復活していて、0・八に落ちてしまいちょっとショックでした。

けれどその後目薬を点眼することで三カ月日には一・二に復活し、ドライアイも治りました。今現在も視力は落ちることなくキープしています。レーシックを受けてからは疲れ目がなくなり肩こりも良くなってとても楽になりました。

それに予想もしなかったのに「あ、レーシックしてこれ楽になったな」と思うことがたくさんあって、まず一番なのが、お風呂、プール、海水浴などの水にはいるときですね。シャンプーとリンスを間違えるなんてことはもう絶対ありませんし、温泉の露天風日でも裸眼のまま景色をゆっくり楽しめます。

特に海では最高に気分艮く過ごせるようになりました。コンタクトの時は砂が目に入って痛くなることがよくあったし、海にはいってもコンタクトが流されるんじゃないかと気が気じゃなかったんですが、今はなんの心配もありません。だからダイビングをする方には本当におすすめですね。

レーシック手術の時も、験を開けておくために圧迫する感じが少ししただけで、痛みもなかったし、何が見えるんだろうって不安があったんですが、日の前が目薬でにじんでモヤモヤッと光が見えたほかは何もみえませんでした。術後も含めて一番困ったことといったら、手術前の一週間メガネを使わないといけなかったこと、ってことになりますね。本当に勇気を出して後悔なし、です。

普通のサービスと違って、しっかり納得するまで説明していただいた後は、てどうなさいますか、ご自身でお考えください」となるわけです。日にレーザーを当てる、絶対安心だとわかっていてもやはりなかなか踏み切れないものです。もう少し、背中を押してくれでも良いのに、と思ったぐらいです。

私は、それまで大きな手術をしたことがないので、レーシック医師に自分の体を預けることには大きな抵抗がありました。少し大げさかもしれませんが、「勇気」と「信頼」という言葉の意味をこのときほど心の底から感じたことはありません。

レーシックのおすすめの病院

浜松の眼科医院の患者さんに「本を見たんだけど、レーシックって本当にいいの?」と聞かれることが度々あって、レーシックに興味を持ってる人ってたくさんいるんだなあ。とあらためて感じました。

そしてそうやって聞かれるたびに嬉しくなって「本当に絶対いいですよ」と薦めています。だって、本当にレーシックをしてデメリットがひとつもないんですから。メリットはたくさんありました。

朝が楽、夜が楽、一日中楽!それに旅行も酔って帰った時も楽チン。コンタクトを使っていた時のいろんな困り事はもちろんなくなったし、ホールつてなんだか大げさなこと言ってるようだけど、みんな本当なんだからしょうがないです。

インワンも達成しました。そうやってあちこちで嬉しさを語っているうちに、実際何人かがレーシックを受けて「笠原さんの言ったとおりだった」と感謝されて。さらに嬉しかったです。

ただ「レーシックがいい」とだけ聞いて、無責任な医院を選ばれたら困るので「私もやってみょうかな」という人には、必ず池田先生を紹介しています。先日も知人の消防士さんが「興味はあるんだけどどこの医院がいいかわからなくて」と言うので、「もちろん菊川眼科!」と答えました。

絶対自信を持って薦められますからね。私も眼科に勤めているのでよくわかるのですが、本当に目は大事です。視力が良くなるのはもちろんですが、コンタクトによる病気から逃れるためにも、レーシックをお薦めします。お金はかかるけれど、絶対後悔しないと思います。車を買うより先にレ1シックを受けた方がいいですよ。

私が手術を受けたきっかけは、とある飲み会でレーシックの経験者たちが、その経験をあまりに熱心に語るので、とりあえず検査だけでも、と池田先生のところに行ってみました。

結果は、異常は見つからず手術を受けることができる、というものでした。近視は、治療可能な疾患である、という説明は私にとっては新鮮であり、それだけで目の前がぽっと開けた気がしました。レーシックは、この本の読者なら十分に理解していただいていると思いますが、「選択」医療であり、全員が受ける必要はありません。

おいしい水の結晶
おいしい水・まずい水
重い水と軽い水
河川のあるところに文明がある
硬い水と軟らかい水
水道の水は臭くてまずい?